すぐにお金を借りたい

MENU

すぐにお金を借りるにはどこから借りるのが良い?

日々の生活の中で、どうしてもお金って気になってしまいますよね。何をするにもお金が掛かってしまいます。コーヒー1杯飲むにも、100円では済みません。仕事に行くのにも、交通費は掛かります。電車代はもちろんですが、車通勤でもガソリン代だってバカにはなりません。休みの日に、ちょっと外で食事なんてするだけでも1万円では収まらないでしょう。

 

また、お金が必要な時は、重なることが多いものです。特に冠婚葬祭のお葬式は重なることが多いですよね。病気やケガなどでの急な出費にも困ってしまうことが多いのではないでしょうか。
しかも、そういう時に限って、余分なお金がなかったりするものです。大した金額でない時からこそ、ピンチになることも多いはずです。そんな時には、つい、お金を借りたくなってしまいますよね。
お金を借りる方法はいろいろあります。しかし、どの方法にもそれぞれメリットとデメリットが存在します。
上記のように、必要な金額だけをすぐに借りたいという場合には、消費者金融が適しています
なぜなら、消費者金融には即日融資があるからです。

 

消費者金融のサービスの最大のメリットはスピーディーで簡単なサービスです。
中でも、即日融資はとても便利です。
即日融資を利用すれば、「明日までにどうしてもお金が必要」なんて、ピンチの時でもすぐに手元にお金を用意することができるからです。

 

例えば、消費者金融を代表する大手のアコムやプロミスでは、平日の14時までに契約が完了していれば、即日振込の対応が可能です。
また、無人契約機で契約が済んでいれば、その場でカードの発行ができます。そのカードを利用して最寄りのATMから融資金の引き出しができる仕組みになっています。

 

従って、この即日融資を利用することで、すぐにお金が必要な時でもその日に融資金を手にすることができるというわけです。
さらに、最近では、アコムとプロミスで新しく「30日間無利息サービス」というものを開始しています。

 

このサービスは初回限定ですが、30日間の無利息期限が設けられています。このサービスを上手く利用すれば、お給料前のちょっとしたピンチの時には重宝すること間違いなしです。
ちなみにアコムとプロミスは、サービス内容がとてもよく似ています。また双方とも、各地に無人契約機の設置があり、サービスケアも充実しています。

 

シェア率はアコムがナンバー1となっていて、知名度も高く、信頼度も非常に高いです。「初めての〜アコム♪」のCMはお馴染みで、特に初めて消費者金融を利用しようと考えている方には安心して利用できる印象が強いといえます。

 

また、プロミスはアコムと同等の規模を誇りながら、アコムより利率が安いことで人気があります。もしも、金利重視で消費者金融を選択したいのなら、プロミスを利用するのもよいでしょう。

 

どんなにスピーディーで便利であったとしても、やはり「消費者金融の利用は人には知られたくない」という方も少なくないでしょう。
そんな方にうってつけのサービスとして、インターネットでの申込サービスがあります。

 

最近の消費者金融では、インターネットによる申込ができるようになっているのです。
ネットから申込むことができる最大のメリットは、24時間、時間と場所を選ばずに借金の申込ができるということです。これなら誰にも知られることなく、消費者金融の利用が可能になりますよね。

 

さらに、モビットにおいては、「WEB完結型申込サービス」というサービスも提供しています。
こちらのサービスを利用すると、申込はもちろん、借入の申請も返済も、全てをネット上で行うことができる仕組みになっています。

 

つまり、無人契約機に行ってカードを発行する必要がないということです。お金のやり取りなども全てネット上で行うため、融資金を引き出しにATMに出向く必要もないのです。
また、借金をしていることを他に人には知られたくないという要望も完璧にクリアできるシステムとなっています。

 

このシステムの利用条件としては、社会保険に加入していることと、三井住友銀行か、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていることが必須条件となっているので、もし、これらの条件を満たしているのであれば、是非ご利用ください。

 

以上のように、迅速な対応と便利なサービスで、日常的なお金のピンチにはもってこいの消費者金融ではありますが、もちろんデメリットもあります。
それは、金利が高いことです。

 

消費者金融の利率は銀行のローンの利率と比べると、平均的に高めに設定されていることがわかります。
消費者金融のキャッシングサービスとよく比較されるサービスが、銀行のカードローンです。

 

カードローンは、他の銀行の大口のローンとは仕組みが異なります。
融資方法は、消費者金融のキャッシングのように、ATMからの引き出しが主な方法となっていて、融資金の使い道も限定されていません。ですので、融資してもらったお金は自由に利用することができます。

 

融資できる金額は住宅ローンなどのように高額ではありませんが、それでも最大1000万円までの融資が可能なカードローンもあります。
それでいて、消費者金融のキャッシングシステムと同じように、限度額いっぱいになるまで何度でも融資金を引き出すことが可能とあって、かなりの人気を博しています。

 

このようにサービス内容が似ているため、銀行のカードローンと消費者金融のキャッシングシステムは混同しやすいです。その代表的な例として、よく間違えられるのが、レイクです。
レイクは消費者金融ではなく、銀行のカードローンなのです。なぜなら、レイクを経営しているのは新生銀行だからです。ですから、総量規制の対象外となっています。

 

消費者金融のキャッシングやクレジットカードの利用に対しては、総量規制の対象として、個人の借入総額は年収の3分の1以内に収めなくてはなりません。
しかし、銀行のカードローンは、銀行法の管轄下にあるので、銀行のローンは全て対象外となっているのです。

 

従って、他の消費者金融と同時にレイクを利用しても、レイクの借入総額は、総量規制の対象としてはカウントされないということになるのです。

 

金利や利用限度額については銀行のカードローンの方が、利用しやすいように見えます。
しかし、日常的にすぐにお金が必要な時に役立つのは消費者金融です。

 

銀行のローンのデメリットは審査が非常に厳しいことです。
例を上げるならば、高額の限度額で人気のあるオリックス銀行のカードローンにおいては、審査の前の申込の時点で、年収条件を課しています。

 

さらに、厳正な審査のためには当然時間を掛ける必要があります。従って、即日融資の対応には向いていないのです。
だから、消費者金融の利用は、日常的なピンチには便利であるということができるのです。

 

確かに、金利は少し高めではありますが、必要な分だけを借りて、早期完済を目指せば、大きな負担にはなりません。
ローンカードがあれば、臨時返済や一括返済などにも対応してもらえるので、ボーナスなどの収入が入ったら優先的に返済していきましょう。

 

消費者金融は、本来とても便利なサービスですので、有意義に活用し、快適なマネーライフを送っていただきたいものです。